介護保険住宅改修(介護リフォーム)補助金支給サービスとは
 
要支援、要介護認定を受けている在宅の方が、日常生活での自立支援を目的とした小規模の住宅改修を行ったとき、20万円を限度額として利用者負担の割合に応じた支給が受けられます。

補助金支給申請の必要な手続きおよび支給までの流れ

1、改修にあたっての相談
   改修内容についてはケアマネージャー等に相談し、施工業者とも利用者や住宅の状況、日常生活の動線など改修内容について検討。
2、各市町村に事前申請
   施工業者が事前申請書類を市町村に申請したら住宅改修が必要な理由書および見積書の内容が住宅改修の対象かどうかを審査し決定通知書の郵送をもって通知されます。
3、改修工事
   決定通知書が郵送で届いたら住宅改修事業者に改修の依頼をし工事を開始します。
4、市区町村へ支給申請
   工事完了後、施工業者が必要書類を揃えて市町村へ住宅改修費の支給申請をします。
5、支給審査決定
   市町村で審査し支給・不支給の決定を行い通知します。原則として給付は翌月以降になります。
   ※申請に関する手続き等は当方での代行も可能です。

支給対象の条件

 *要介護認定で要支援・要介護と認定されていること。
 *福祉施設に入所または病院に入院していないこと。
 *改修する住宅の住所地が被保険者証の住所地同一であること。

助成金

改修が必要と認められた部分について最高20万円となります。(但し自己負担が1割〜2割となる)

*工事費が満額20万円までは何回も利用が可能。
*介護サービス利用するには要介護の認定受ける必要があります。
*市町村によって介護サービスの規定が違いますのでお問い合わせください。

介護保険住宅改修費支給の対象となる改修の種類

1、手すりの取り付け
   玄関、通路、居室、階段、トイレ浴室などへの手すり取付け。
2、段差の解消
   敷居撤去やスロープの設置、玄関の上り框に敷台を設置、床のかさ上げなど。
3、引き戸等への扉の取替え
   開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に 
4、洋式便所などへの便器の取替え
   和式便器から洋式便器への取替え


お問い合わせ
  0744-55-2907
 info@alpshaiji-kazokuenjyo.net


copyright©2018 alpshaiji all rights reserved.